開業・経営・法務・会計・コンサルタント・税金・税理士・新宿・歌舞伎町・池袋・六本木・渋谷・秋葉原・錦糸町
高級デリヘル・デリバリーヘルス・ニューハーフヘルス・出張SPA・治療院・出会い系喫茶・メンズエステ・
キャバクラ・売り専・ガールズバー・ホストクラブ・クラブ・スナック・レンタルルーム
デリヘル会計 タイトル
  突然の国税局・税務署 の無予告調査立会可能
 
税理士が風俗業、主にデリヘル(デリバリーヘルス)の会計、経理、税金申告、経営、節税情報、労働トラブル対応、社会保険・労災手続情報を提供しているサイトです。
 
デリヘル会計 タイトル
   

  
突然の国税局・税務署の無予告調査立会可能
 
 LinkIcon
 税理士が風俗業、主にデリヘル(デリバリーヘルス)の会計、経理、税金申告、経営、節税情報、労働トラブル対応、社会保険・労災手続情報を提供しているサイトです。

社宅を用いた節税

■節税用の社宅を整備しよう

個人事業者の場合、社宅は従業員用(事業主本人のものは不可)のものは設けることが可能です(会社組織ではないため、厳密には社宅ではなく寮扱い)。
 
ただし税法で定められている一定割合の負担金を従業員から徴収する必要があります。
 
つまり従業員が住む部屋の家賃の一定割合以上を事業者側が負担してあげることはできないのです。
 
もし一定割合以上負担してあげてしまうと、その家賃分の金額は従業員への給与と税務署に判定されてしまいます。
 
 
LinkIcon
 
 
法人の場合は、個人事業者の場合と違って従業員用はもちろん役員(代表者)用の社宅も設定することが可能です(この場合も一定割合の負担金を役員の給料から天引きして徴収する必要あり)。
 
つまり、デリヘル店を法人化すると社宅を活用した節税効果が最大限に発揮されるようになり、節税上のメリットは非常に大きいと言えるでしょう。
 
 
LinkIcon