デリヘル会計 タイトル
  突然の国税局・税務署 の無予告調査立会可能
 
税理士が風俗業、主にデリヘル(デリバリーヘルス)の会計、経理、税金申告、経営、節税情報、労働トラブル対応、社会保険・労災手続情報を提供しているサイトです。
 
デリヘル会計 タイトル
   
  
突然の国税局・税務署 の無予告調査立会可能
 
 

 税理士が風俗業、主にデリヘル(デリバリーヘルス)の会計、経理、税金申告、経営、節税情報、労働トラブル対応、社会保険・労災手続情報を提供しているサイトです。

生命保険による節税

 
 
 個人で生命保険に加入している場合、個人事業者・従業員にかかわらず、保険料の金額によって年間100,000円までならば所得から控除することが可能です。
 
 他方、法人で生命保険に加入している場合は、役員のための生命保険、従業員のための生命保険の保険料は、契約内容によっては全額損金(経費)として認められることになります。
 
 つまり、法人で事業を行っている場合には節税の余地が個人事業者より広がることになります。
 
 
LinkIcon
  ↑↑
※節税商品のご案内やその効果の試算をすぐできます。