開業・経営・法務・会計・コンサルタント・税金・税理士・新宿・歌舞伎町・池袋・六本木・渋谷・秋葉原・錦糸町
高級デリヘル・デリバリーヘルス・ニューハーフヘルス・出張SPA・治療院・出会い系喫茶・メンズエステ・
キャバクラ・売り専・ガールズバー・ホストクラブ・クラブ・スナック・レンタルルーム
デリヘル会計 タイトル
  突然の国税局・税務署 の無予告調査立会可能
 
税理士が風俗業、主にデリヘル(デリバリーヘルス)の会計、経理、税金申告、経営、節税情報、労働トラブル対応、社会保険・労災手続情報を提供しているサイトです。
 
デリヘル会計 タイトル
   

  
突然の国税局・税務署の無予告調査立会可能
 
 LinkIcon
 税理士が風俗業、主にデリヘル(デリバリーヘルス)の会計、経理、税金申告、経営、節税情報、労働トラブル対応、社会保険・労災手続情報を提供しているサイトです。

経営者・従業者のマイナンバー取扱い

 
 
風俗営業者に限らず経営者自身の所得税の確定申告の場合、平成29年2~3月に行う平成28年分の確定申告からマイナンバーを記載することになります。
 
 
キャバクラやホストクラブの黒服(ボーイ)、従業員等については給与所得者となるため、マイナンバー運用開始後、早い段階でマイナンバーを実際に利用することになります。
 
キャバクラのキャスト、ホステス、ホスト等のいわゆる6号該当者については、マイナンバーが税務署に対して提出する支払調書などの法定調書に記載されます。
 
平成28年1月以降、従業員(内勤スタッフ)の扶養控除申告書や社会保険、雇用保険の手続きをするときなどには、社員・扶養家族のマイナンバーを提供して貰い、役所に提出したり、その後も適切に管理・処分しなければなりません。         
 
また、法人経営の方は、店舗や事務所など不動産を借りている場合、大家さんのマイナンバーを取得しなければならない場合があります。(※大家さんが個人事業主として賃貸業を営んでいる場合)
 
 
取扱保護義務は規模に関わらず全ての事業者に適用されます。
取得の際には、本人確認および利用目的を明示し、本人の同意を得なければなりません。
 
キャバクラ、クラブ、バー、ホストクラブの経営者側は所属するスタッフ、キャスト、ホステスのマイナンバーの取扱に慎重な対応が必要です。
 

【マイナンバーの具体的な取扱い方法はこちらへ】

 
(※平成27年度の年末調整はマイナンバー記載の対象外です。平成27年度給与支払報告書業務もマイナンバー記載の対象外です。)
 
 
 
LinkIcon