デリヘル会計 タイトル

 
 
申告納税のコンプライアンスが永くもうけ続けるコツです。
10年継続できる風俗は1%
20年継続できる風俗は0.3%
30年継続できる風俗は0.02%です。

突然の国税局・税務署の無予告調査立会可能
 
 
税理士が風俗業、主にデリヘル(デリバリーヘルス)の会計、経理、税金申告、経営、節税情報、労働トラブル対応、社会保険・労災手続情報を提供しているサイトです。
 
デリヘル会計 タイトル
   
  
突然の国税局・税務署 の無予告調査立会可能
 
 

 税理士が風俗業、主にデリヘル(デリバリーヘルス)の会計、経理、税金申告、経営、節税情報、労働トラブル対応、社会保険・労災手続情報を提供しているサイトです。

フランチャイズのメリット、デメリット

 

フランチャイズ契約のメリット

 
 デリヘル業界ではフランチャイズ契約にて多店舗展開を行っているグループも存在しています。
 このようなグループに加盟すれば、様々な経営ノウハウを提供してもらえるので、素人の方や比較的デリヘル経営の経験が浅い方でも開業することが可能となります。
 
 具体的なメリットとしては、広告をグループ一括で発注することによってコストを抑えてエリアに打てる。ホームページ写真の撮影や集客できる文章・コンテンツ作成のアドバイス。
 また、女の子の集め方(求人)や日々の教育、WEBマーケティング(SEO対策)などもしてくれると言うのが一般的なメリットです。
 
LinkIcon
 

フランチャイズ契約のデメリット

 
 しかし、よく考えても下さい。莫大な利益を同業者であるフランチャイザー(本部)がきちんともたらしてくれるかは疑問です。
 フランチャイズシステムも甘くはありません。契約時の書面内容にはよくよく注意を払うべきです
 
 あくまで初期投資費用はもちろん、全ての運転資金の捻出はフランチャイジー(加盟店)の負担です。
 独自のアイディアやサービスを開発できる能力がなければ他店との差別化ができない、つまり集客もうまくいかず、結果として長続きできません。
 それだけ競争が激しく厳しい業界であります。(もし最終的に本部が何とかしてくれるだろうという人頼みのマインドでは生き残ってはいけません
 
 また、研修費・ロイヤリティー等の発生、フランチャイズをやめた時に同業種で再び開業が出来ないなどの弊害が発生する場合があります。
 
 フランチャイズ契約を検討している時はついついメリットの方にばかりに目がいきがちですが、デメリットがあることも忘れないようにしたいものです。
 
 もしフランチャイズ契約を締結する場合には、業界事情に精通している税理士や行政書士等の専門家に一度相談してみることをおすすめ致します。
 
 
LinkIcon